お問い合わせ先 :
058-262-8111

各種ダウンロード

文字サイズ

岐阜市民会館 GIFU CITY CULTURE CENTER

楽市JAZZ楽団

楽市JAZZ楽団ってどんなバンド?

●平成20年8月に結成された文化センター・市民会館を活動拠点とする市民JAZZビッグバンド! 
●音楽監督の野々田万照さん、粥川なつ紀さんを中心に、プロミュージシャンが講師。
●ビッグバンドでジャズの本格的な演奏・合奏ができます。
●ぎふジャズフェスティバルの舞台にゲストのプロミュージシャンと一緒に立つことができます。
●地域行事や学校などへの出前演奏も予定しています。
●2バンドで活動中!(こーもらんつ16、こーもらんつ23(U-20含む)

岐阜市文化会館(岐阜市民会館、岐阜市文化センター)では、ジャズの音楽性豊かな表現に触れ、演奏の楽しさを実感してもらうために、文化会館を活動拠点とするビッグバンド「楽市JAZZ楽団」を結成し、プロミュージシャンによる指導のもと、練習や演奏活動に励んでいます。
「楽市JAZZ楽団」の活動は、「ぎふジャズフェスティバル」への出演のほか、地域や学校などに出向き出前演奏を行うなどジャズ文化・音楽文化の普及に努めるとともに、ジャズに関心のある人との交流を深める拠点となり、地域文化の醸成に繋げていくことを目的とします。また、こうした活動を通してプロアマ間、世代間を越えた交流を図り、岐阜市独自の地域文化活動として全国へと情報発信することを目指していきます。

音楽総監督・こーもらんつ16 音楽監督
野々田 万照(ののだ まんてる)

  • 野々田 万照(ののだ まんてる)

  • 岐阜市出身、在住。サックス奏者、作・編曲家、楽団員、川漁師、宮城県加美町観光大使、ぎふ芸術村村長。高校卒業と同時に上京、本多俊之氏に弟子入り。19歳でプロデビュー。数々のサポートバンドを経て22歳で『本多俊之ラジオクラブ』に参加。映画「マルサの女」、テレビ朝日「ニュースステーション」などのテーマ曲に参加。1994年『高橋真梨子ヘンリーバンド』に参加。毎年の全国ツアーでは70本以上にのぼるコンサートをこなしている。1995年から『熱帯JAZZ楽団』に参加。1997年、長女の誕生を機に新鮮な空気とおいしい水を求め岐阜市に帰郷。現住所を岐阜市に持ちながらもジャンルを越えて全国的に活躍中。また夏には長良川で釣った鮎を漁協に卸す「川漁師」として近年注目されている。平成19年度「岐阜市芸術文化奨励賞」を受賞。平成23年度東久邇宮文化褒賞を受賞。平成26年度岐阜市政功労表彰受賞。高橋真梨子ヘンリーバンドにて2015年、2016年紅白歌合戦に出場。


こーもらんつ23(U-20含む)音楽監督
粥川 なつ紀(かゆかわ なつき)

  • 粥川 なつ紀(かゆかわ なつき)

  • こーもらんつ23(U-20含む)音楽監督
    岐阜市生まれ。13歳からサックスを始め、数々のコンクールで金賞・最優秀賞を受賞。2002年から野々田万照氏に師事。ジャズを基本にしながら、既存の音楽ジャンルにとらわれない「アーティスト」としての活動を展開。2008年から市民ジャズ・ビッグバンド「楽市JAZZ楽団」講師。2010年、NHK - FM「FMトワイライト」レギュラーパーソナリティとして3年担当。2012年から「涸沢フェスティバル」に3度ゲスト出演。楽器持込みが困難な2,300mの高山でのライブを実現。タイ王国王女による「教育支援プロジェクト」の一環として制作されたチャリティ・アルバムに参加し、世界各国18名のサックス奏者と共にプミポン国王作曲のレコーディングを行う。2015年よりCATV -CCN生放送番組「金9」などレギュラー出演中。これまでに合計4枚のCDアルバムと1枚のDVDを発表、ダウンロードランキング首位。音楽により、子どもの感性を豊かに育むことをライフワークと捉え、幼・小・中・高校や医療・福祉施設への出前コンサートには、特に重点を置いて活動中。2015年、ソロデビュー10周年をむかえ記念アルバム「LIFE」をリリース。タワーレコード NTTdocomo NOTTV「グランドチャンピオン」受賞。平成26年度「岐阜市芸術文化奨励賞」受賞。